PRODUCTS
新しいコミュニケーションは、新しい技術で。
VRCS
Features
  1. 遠隔地の複数のユーザーがVR空間上で3Dモデルを検証
  2. 音声会話を含む多彩なコミュニケーション
  3. 建築や設備保全など多岐にわたる用途展開
Feature1
遠隔地の複数のユーザーがVR空間上で3Dモデルを検証
たとえばクルマの設計やデザインにおいて、車両の3D設計データをVR技術を用いて実物大のリアルな3Dとしてヘッドマウントディスプレイ上に再現し、遠隔地にいる複数のユーザーが、同じ空間で1台の車両を眺めているかのような仮想環境を提供します。車両の3Dに加え、機構のアニメーション表示、モデルと視点の自由な移動、3Dモデルの断面の表示、背景の変更などを可能にします。
Feature2
音声会話を含む多彩なコミュニケーション
実物大の3Dモデルを目の前にしながら、指示箇所へのマークの付与、大きなモニターでのドキュメントの閲覧、音声会話、アバター表示などができるので効率的にコミュニケーションや指示を出すことできます。
Feature3
建築や設備保全など多岐にわたる用途展開
企業の中でプロトタイプを用いた拠点間教育やデザインレビューのほか、危険を伴う工場設備のメンテナンス手順などの教育、都市景観や建築物の可視化など多岐にわたる用途で活用いただけます。